Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
世界を創ったと言うことは、自らを否定したということ。

神さまはそれだけで完結し、完成していたのだから
他のものを創り出したということは、
自分以外の不完全なものの存在を承認したということ。
世界が神さまであったときには、余計なものなど何もなかった。

同時に神さまが本当に全能ならば、
世界もまた完全であったはずとも思う。
苦しみや悲しみが蔓延っていることを認めれば
世界が不完全であるか、
苦しみや悲しみを含めて完全であるかのどちらかしかない。

神さまなんて居ないって思うのが
私にとっては一番しっくり来る。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。