Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
雪中の椿。

なにもわからない状態ながら、雪が降っているのは遠巻きに見ていた。
椿の花に積もる雪に、赤と白はよく似合うと思う。
寒い? 寒いよね? 葉も幹も凍えるでしょう?
冬だから仕方ないよね。がんばって耐えてね。

鈍色の空から落ちてくるそれは見上げると大粒でゴミにしか見えなかった。
綿埃よりもずっと汚らわしくさえ感じた。
だから新雪を選んで踏み歩いた。
昼過ぎから雨に変わって、みんな溶けてしまった。
スポンサーサイト
帰路の朝日。

明け方近い真夜中に、眠れなくてカップヌードルの湯を沸かす。
何とは無しに、Garnet Crowを口ずさむ。

この曲が好きだった頃のことを思い出して、
そのとき仲良かった人たちがいま何をしているのかに、思いを馳せる。
青空電柱。

新年あけまして謹んでお慶び申し上げます
旧年中は大変お世話になりました
本年もどうぞ宜しく御願い致します
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。