Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
金曜日の夜からずっと眠り続けていた。
何かから逃げるように。何かを忘れるように。
窓の外と違う時間を過ごすように。
違う世界を生きているかのように。

いろいろな夢を見た。
悲しい夢が多かった気がする。
スポンサーサイト
誰かコロンビアのAAもってこい。


イ ン フ ル エ ン ザ 確定!


体温計もってなかったのでだるいなーくらいに思って
ふらつきながら仕事してた一週間だったんですよ。
喉が痛いので低音の超セクシーヴォイスしか出せなかったんですよ。

今日の仕事上がりに病院行ったらインフルエンザA型陽性反応とのこと。
熱計ったら38度でした。(平熱は35度)


……馬鹿は風邪引かないんじゃなくて風邪に気づかないってのは本当だと思った。
不調は悟ってたけど。(そして休暇申請して却下されたのは前回の日記のとおりだけど)
局長に報告したらなんかすげえ優しかったよ! 逆にこわいよ!
ここ連日はあまりにも酷いです。

友人のアドバイスに従って、言うだけ言おうと
「体調が悪くて(死にたくなってるので)休ませてもらえませんか?」って
駄目元で局長に相談したらやっぱりダメだったよ畜生!

私の有休はいつも突然に決められます。
ひどいときには前日にいきなり「明日は余裕あるからお前休め」的な。
仕事柄、仕方ないんだろうけどさ…。
いざというとき、臨界点自覚しつつも防げないのはどうなんだろう…。
「ですよねー…!(残響音付き)」とレールの上を突き進む廃坑トロッコのイメージ。

でも今日はいつもより20分だけ早くあがらせてもらえた。
ご厚意に甘えて、ジャンプ買って帰って寝ます。
明日いけば建国記念の日でお休みだから、栄養剤と薬駆使しつつがんばるよ。

「肉食ってユンケル飲んでから寝ろ」って帰り際、局長が声掛けてくれた。
たぶんそれ局長以外の一般人は寝れなくなると思うけど、善処してみます。
の、ドトールカウンター席。
思えば大学のロッカーに「小説見ました。同人誌作りましょう」って
きのこ嬢からの手紙が貼っ付けてあって、当人と初めて会ったのも
ここの喫茶店だったな。覚えてる。

小説を書きたくなるほどの熱情ってどうしてもネガティブに走るな。私の場合。
グロテスクで残酷なお話ばかり力込めて書いてる気がする。
それを非日常だと自覚しているからか、それともそういう人間なのか。
どちらにせよ楽しいのは間違いないけど、いいのか悪いのか判らんな。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。