Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
マグマ。

リンガーハットで牡蠣ちゃんぽんセットを食らう。
なぜでしょう、とても美味しかった。

(こういうとき情緒表現を素直に使えるって素敵、と思う)

駅に向かう最中、夕日を見て意図せず涙腺がゆるむ。

いま
「この時」
「この場所で」
「この世界で」
この景色を見られるのは私だけだと悟る。


宇宙は私だけのものではないけれど
それは心が侵されることには繋がらない。


あのとき、牡蠣ちゃんぽんのみそ味スープに柚子胡椒を混ぜたときに
口の中で広がった風味など他人にはわからない。
ましてやそれが痩せ型で食が細く味覚が鋭敏で塩分が足りていない男の
その日初めての食事であった時、
湯気を浴びながら口中にうま味たっぷりの汁が満ちたときの
暖かさと味わいがいったいどれほどの感動をもたらしたか。
私以外にはわかるまい。うらやましかろう。
そして牡蠣ちゃんぽんだから当然旬の牡蠣が添えてある。
しかもセットだからその上にまだ餃子がついていたのだ!

自分で書いてておなか減ってきたよ。

同じように貼付した写真が、前述の風景だけど
画質の荒い携帯で撮ったし、色味も構図も物足りなくて
私にとっては思い出を喚起するだけの役目しか果たさない。

でも、きっとそれでいいんだろう。
それを残念と思うかどうかはまた別の問題だから。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/106-83e3411e

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。