Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私が初めて読んだほもまんがであるところのグラビテーション。
あれって完結してたのな。最終巻だけ持ってなかったかも。
いや、既刊も引っ越しの時以来
どっかのダンボールにしまわれてるはずだけど。
あれは最初読んだとき、圧倒的に笑いが勝ってしまって
嫌悪感こそ覚えなかったものの、違和感のせいで読めなかった。

初めて買ったのは、札幌のブックオフ。
正直に言う。
怖いもの見たさと、その頃部屋に滞在させてもらっていた
濠死へのイヤガラセのためだった(笑)
買うときもなんか妙に気恥ずかしく、
ある意味えろほんだなって思った。羞恥プレイ?
いや、セット本を見繕ってさっさと買ったけど。

そのときは結構厳しくて、やっぱ全然読めなくて
濠死の家に置きっぱなしにしたんだった。
その後「すげえ、素で読めない」と
濠死からメールが来たのも記憶に残っている。
イヤガラセは成功だったわけだネ!

でもあれから、なぜか知らないが
「あ、こういうのもアリなんだ」と悟ってしまい
(たぶん、読み方というか、目線というか、楽しみ方を理解したのだと思う)
わざわざ関東で買い直すという暴挙に出て、
それからはぼちぼち偏見なくいろいろなBL本にも
手を出してみることにしてみたものです。

今日、ちょっといろいろ調べてるときに出くわして、知りました。

びっくりしたのは、作者の人(村上真紀)が
既に出版界の現役を退いて同人作家として活動していたこと。
あの作品は人気あったし、あれほどの人なら引く手あまただろうに
そうしないということは、なにか嫌なことでもあったんかな。
自分の作品の同人を出しているようで、人気はあるみたい。
でも、まあ、私はコストパフォーマンスで買い物をしてしまうので
量のワリには割高な同人には、昔からお金かけないことに
してるから、あのひとの作品、もう読むこともないのかな。
オリジナルでそこそこの分量ならば、
たとえ同人で少々高額であっても買うかもしれないのだけど。

(ちなみに、二次創作ってもの自体も作り手&受け手両方の面から
 少し苦手。いや、どっちも経験あるんだけども。)


しかし、最近なぜか、ほもが受け付けなくなってきた。
LOVELESSとか読めなかったもん。一巻で挫折。
(ほもだったかどうかももうあんまり思い出せないのだけど、
 違ったら申し訳ない)
最後に触れたのは咎狗の血っていう
ニトロプラスのBLブランド「キラル」の作品。18禁ゲーム。
でも、あれもお話というか世界の雰囲気は
結構惹かれるものがあったけれど、やっぱり当たり前のように
男が男をー、っていうのに、ちょっと半笑い。

うーん。リアルでゲイの方々には、別に嫌悪感もないし
茶化したりふざける気もないのだけれど
(同性愛者は友達に何人もいるし
 私自身セクシャルマイノリティーサークルに少し関わりがあった)
BLの世界には少し歪みを感じてしまうのかも知れない。
いや、歪んでるのは私の意識なのか?
関係性への希求というのはわかる。
性別という絶対的な差異をなくした上で
上司と部下とか、先輩後輩、教師生徒、強気弱気……。
キャラクターとギャップを楽しむものなのかな、という気はする。
その為にちょっと犠牲になっている、根幹の意識差が問題なんだろう。

要するに、違和感はギャグなどに乗せて吹き飛ばさないと
私は楽しめないのかも知れない。
ヤマジュンなんかもおもしろい読み物として読んでるしな。
真面目なものも、お話として成立してるから。

もっと踏み込んで言えば、ぶっちゃけた話
同性愛が現代社会で未だ根強くタブーである現実を踏まえないと
どうしても納得できないってことなんだろう。
そういう理解がバックグラウンドにあるから、
ゲイの人が立場向上を目指しているのは応援できるし、
そういう背景を踏まえた、ゲイ向きの山川純一や田亀源五郎が
ちゃんとナチュラルに読めるのだと思う。
もしくは、欲望というわかりやすい概念に裏打ちされてるから。

BLを読む女性にとってそんな背景は
ぶっちゃけどうでもいいから触れられないし、
キャラクターの意識上に背徳感は邪魔でしかない。
BLに登場する彼らは往々にして綺麗な存在であり、動機付けとして
肉欲の為に同性に近づくわけでもない(と私は思った)。

いま世間にあるBLが普通に一般男性(というか私ね)に
受け入れられるようになるのは、
社会でゲイが禁忌でなくなったとき。
それか、男性視点でのわかりやすい欲望にまみれた
キャラが必要なのかなと思う。
後者の場合、それはそれで引かれそうなので難しいけど。
ましてやそんなキャラ望まれてない気がするし。

まあ、作品なんて楽しめる人が楽しむもんであって
自分が楽しめないから作品がおかしい! なんてのは
ちょっとおかしな主張だと思うので、
私は大人しくその世界から去ります。ここで語るだけ。


ああ、ちなみにBLとやおいとガチほもの違いがよくわからんので
細かい表現の違いをどなたかご教授ください。
あれか? 繋がりが精神か肉体かなのか?
スポンサーサイト

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/でリンクされていたので見にきちゃいました。また見にきます!

2006.03.03 06:26 URL | misato #- [ 編集 ]

へいらっしゃい。
そこはブログ登録したときに一緒に登録されたかなあ。
ありがとうございます。またお気軽にー。

2006.03.03 13:20 URL | B #mQop/nM. [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/11-eb72b6c3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。