Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
の、ドトールカウンター席。
思えば大学のロッカーに「小説見ました。同人誌作りましょう」って
きのこ嬢からの手紙が貼っ付けてあって、当人と初めて会ったのも
ここの喫茶店だったな。覚えてる。

小説を書きたくなるほどの熱情ってどうしてもネガティブに走るな。私の場合。
グロテスクで残酷なお話ばかり力込めて書いてる気がする。
それを非日常だと自覚しているからか、それともそういう人間なのか。
どちらにせよ楽しいのは間違いないけど、いいのか悪いのか判らんな。

職場のフォローアップ研修で、新人の代表としてスピーチすることになった。
私なんぞが何を語ればいいというのだ、と思う。
エキセントリックでまともじゃないのは自覚してる。
同期の中に、薬漬けの意識が朦朧とした状態で
拘束服着せられてベッドに縛り付けられた経験のある奴がいるとは思えない。
本当なら素のままトリックスター気取りたいのに、なんか過大評価されてる気がする。
ありがたいことだと思うし、可能な限りそう振る舞おうとは思ってるけど。
私は何を期待されてるんだろう。

ひとりでぼーっとしている時間が私を癒す。珈琲が旨い。
明日は休日出勤、明後日はサンクリで友人の売り子手伝いだ。
来週の水曜ってなんで祝日なんだっけ?

まあ適当に、今日も明日もやり過ごしましょう。
うんこうんこ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/161-8b4d6d05

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。