Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
誰かと親しくなるごとに、なにかが見える。
見えるものは人によって違うけど、わるくないもの。

不幸のあった同期に相談してもらえていたのだけれど
今日、それが何らかの形で実を結んだらしい。
よかったなあ、と思う。

複雑な家庭の人だったから私には想像のつかない背景もあったろうし
深く聞くつもりも無いけれど、想像だけで補完できる尊敬とでもいうのか。
そういうのを共有できるのなら、それは、いいなって思う。

私がもし本能のままに生きていたらどうなっていたのだろうって思う。
堕落していた頃、そのままにあったら。
親を見るかぎり、あまり、いい解答にはなりそうにない。
私の身体や心、容姿や性格に至るまで、そのほとんどは受け継がれてきたものだけれど
それでも僅かに自分だけのものがあるとするなら、それは何かと近頃よく考える。

やっぱり、意志が大事だとつとに思う。尊いものはそれに尽きるかもしれない。
私が私を認められる瞬間がもしあるとするならば、
勝ったときでも、褒められたときでもなく、
なにかをしようと決めたときのような気がする。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/163-badea239

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。