Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
時代に比して優れすぎた科学は魔法と見分けがつかない。
では、ドラえもんは本当はなんなんだ?

科学に決まっている。



ドラえもんに四次元ポケットなんて本当は必要ない。
何かしようと思ったら、
「もしもボックス」か「ソノウソホント」があれば困らない。
それでもどこか行こうとすればどこでもドアを使うし、
空を飛びたいと思ったらタケコプターを使うんだ。

なぜか?

あれは夢だからだ。
それも夜見るものではなく、目標としての。
魔法は手が届かないよ。
でも、科学なら未来に実現できそうな気がするじゃない。

世界は希望に満ちているんだよ。
楽しいことや素敵なこともこれから沢山巡り会える。
だから、空を飛ぶときには空を飛ぶために作られたタケコプターを
移動には扉を使う。
道具の作り手が考えた理想を、使うことでかなえているんだ。
子供たちが将来、そういう魔法みたいな道具を作ってやる!
って。思えるように。

とかこじつけてみる仕事帰りの電車内。
今週もおつかれ!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/36-20676dc3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。