Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日、無事定時で上がれたあと、
晩メシ何食おうか考えながら帰り道を歩いていると
「ヘイ彼女、お茶しない?」
と長身金髪の、全体的な雰囲気がヘルメッポ(変身後)
あるいはジャンゴ似の男に声をかけられました。
俺は男なんだけど、と、ウホである可能性を恐れながら質すと
「まことか! まだ男女の区別がつかなくって」と
わざとらしい笑顔で謝られました。
じゃあ何を基準で声をかけているのだろうと思いながら
こちらも無難な笑顔で立ち去ろうとすると
「待って! まだ返事聞いてない」とまわりこまれた。
相手えらばんなあこの人、と内心引いていると、
ごはんおごると言われ
ネタになるなあと思ってついていくことにしました。

安い某チェーン系ラーメン屋のテーブルに連れていかれました。
そこで聞いた話曰く、彼は宇宙人だそうです。
地球の風俗を知るためにいろいろなひとになりきって
行動から心理を探ろうとしているそうです。
見たところうまくいってません。
そのことを伝えると、そうだよねえと肩を落とすヘルメッポ。
彼なりの哲学では、意味のある行動ならば
うまくいけば何かしら感動があるそうなのですが
いまのところそれがないらしいのです。
それは、まだ成功していないか、
価値のある行動が人によって違うからじゃないか、
と私が言うと、そうかもしれない、と彼はうなずきました。
「でも、最近は
 『調査すること自体に意味があるのか』と疑うようになってしまって」
彼は自分のやっていることに自信をなくしてしまっているようでした。

まあ元気出して、と、なぜか私がラーメン代をおごり店を出ると、
月が綺麗でした。
もう少しがんばるよ、と
彼はわざとらしい笑顔を浮かべて夜の街に消えていきました。
今度UFOに乗せてくれるそうです。

そのときまでに、私が告げなかった最後の可能性である、
人間の行動自体に意味がないという可能性について
否定できればいいなあと思いました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/41-58d003c4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。