Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2007年04月15日 15:52

初級システムアドミニストレータ。

パソコン系に於けるユーザー系唯一の国家資格。
出題範囲はコンピュータの構成、データベース、
表計算などに始まり
果ては簿記や企業運営についての知識までと幅広く、
試験時間も午前の他肢選択式から、午後の長文問題まで
併せて5時間もの長丁場であり、この資格を持っていると
パソコンがそれなりに使えるという証明になる、と
私自身思いこんでいた試験。

受けてきました。
そして今、強い不安に襲われています。
試験対策に三ヶ月はかけると聞くのに
私が勉強を始めたのは先月から。
そして一週間前には、他に大事なことができて勉強を諦めました。
午前試験の範囲は一通り押さえましたが
午後は全く手を着けていません。
何より、問題演習を全くできなかったので
絶対に落ちると思いました。

今日だって、試験当日だというのに
深夜の2時に起き出して就職活動用の制作やってました。
眠くて仕方なくて、カフェインの錠剤飲んで受けた試験です。

ダメもと。
あるいは、秋にもう一度受け直すつもりで、
受けるだけ受けようと思って行った試験会場。
直前までIPODで音楽聴いてた。

そんな午前試験が、案外といい手応えでした。
午前も午後も、7割強の正解率ならば受かると聞きます。
間違いなく合っているだろう問題と、
二択まで追い込んだ問題の正答率を5割とすれば
なんとか、正答率8割に届く計算。
試験時間も150分中、正誤確認も含め100分で終わり
途中退出できるくらい。会場で5番目くらいに早い退出でした。

自分のやってた勉強は、少なくとも無駄ではなかった。
少しだけ、安心しました。
早めに出た分、できなかった午後試験の勉強をして
あわよくば、受かってしまえと甘いことを考えた。
ロッテリアでカフェイン追加摂取しながら、
参考書を流し読みしてた。

そして迎えた午後試験。

午前より成績のいい手応えを感じてしまった。
8割いってるかな、という午前試験で、
もしかしたら落ちてるかも知れないってくらいの、出来。
足りなくなると聞いていたのに、時間も余った。40分も。

受かっていれば、予定通り。理想的。
いつもならば「やっぱ私天才だからなあ」って笑って済ませるところ。

それなのに、何故でしょう。
不安で仕方ありません。

勉強してない自分が受かっちゃ駄目だろ。
何、他に大事なものあるって中途で投げやりにしちゃったのに
受かろうとしてんの。
ふざけんな。

そんな声が自分のうちから聞こえる。
すごく怖い。
なんだろう、計算外。自分がこれほどできると思ってなかった。
こんな不安を感じるなんて、初めてのことです。
開成受けた時だってこんな気持ちにはならなかった。

私はどこかで、自分は幸せになっちゃいけないと思ってるのか?

もうどうしようもない。
結果を待つほか無い。
受かっていれば蹴る気もないし
次の勉強を始めるだけ。

それでも、怖くて仕方がない。

もう、わけわかんないな。自分。
帰って寝ます。うんこうんこ。


2007年04月16日 02:51

公式から解答でました。

自己採点結果

正答率
午前 71.25%
午後 78.66%

受かった、と思う。


2007年04月16日 03:09

あれから少し強いお薬を飲んで眠りました。
少しだけ、今回思い悩んでいた理由がわかってきました。

私は努力が報われたことがないんですよ。
今までの成功はほとんど才能や運で掴んでいて
努力はしたことはあれど、いつも反故にされていた。
(自分で貯めた復学のための学費、云十万を
 目の前で馬券にされて大敗。紙くずにされたり)

だから努力は報われないものだっていう考えがどこかにあって
それも、半端な努力なら報われる訳がないと思っていた。
それは、裏を返せばきちんと納得できるまで努力ができれば
きっと、期待している結果がかえってくる、
敷衍すれば、自分はこの世界で生きていけるって言う
証明を得たくて、シスアドやTOEIC,そして通信制大学への復学とか
やたらと手を出して勉強していたんだと思う。

だからこそ、今回、ろくに勉強してないのに良い成績だったことが
私はやっぱり、世の中才能なのか。努力に意味はないのかと
絶望する結果になっていたんだと思います。
「自分が得するんだからいいじゃない」って思われる方は
これが自分以外の身に起きていた場合だったらと
考えてみるとわかりやすいかもしれません。
世の摂理としての、こういう事実が自分の見ている世界で
まかり通ってしまうことがたまらなく怖かった。

それでも、先月。
毎日片道2時間かかる通勤電車の中で勉強したり
仕事終わってから、喫茶店でその日の目標を達成するため参考書開いたり
がんばってた自分は確かにいるんです。
合格できるかもっていう手応えを感じてしまったとき、
そんな頑張っていた自分が肥大した。
これで落ちたら、私のそれまでの時間が全て無駄になるとすら思えた。

「今ダメでも次のために、しいては一般常識のために
 している勉強が無駄になることはない」
普段から自分にそう言い聞かせていたのに、欲求が顔を覗かせたら
どうしても何か失ってしまうような気がしてしまって、不安になった。
揺らいだ。

根本的に生きるための自信が足りていないと痛感。
欠落と言ってもいいかも知れない。

とりあえず、ひとつの結論が出て、あとは座して結果を待つのみなので
昨晩のように、制作に戻ります。
今日明日で仕上げたら次は大学の履修登録。
それが終わったら別件の仕事。そして再来月の試験登録。

がんばります。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/52-ac447225

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。