Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
寝続けて空腹と痛覚で目覚める。
美容院に行きたかったけれど値段の確認、予約の面倒さと
人と接したくない感情が邪魔をした。
何も食べたくなかったけれど、明日の自分のためにシリアルを貪る。

何度悔しい思いをすれば諦められるのだろう。
どこまで心を殺せるのか、痛みに耐えられるのか
試したところで何の意味があるというのか。
終わるときは終わるのに。

もし今の自分が見ているものが全て夢だとして
じゃあ夢を見ている自分はどこにいるのかと少し考えてみる。
音のない世界は冷たくてどこにも行けなくなりそうになる。
買い物に出た帰り道、道端で轢かれた鳩を見かける。
飛び散った綿毛と、アスファルトに伸ばされた血痕、
仰向けになった死体は羽根のところから内臓が覗いていた。
突っ張って硬くなった身体を持ち上げて
魚屋の店先で嗅いだ覚えのある生臭さを感じながら
臓腑を摘んで口に含み、嚥下してみる妄想。
鉄の味と、温くて柔らかくて臭い穢れたものが躯の中へ落ちていく。
玄関扉の錠を開ける重い音で我に返る。

寝惚けていて回線が繋がりません。
何をしたらいいのかすらわからない。追いつめられて居るなあ。
まだ出来る全てのことをやっていないから、もう少し頑張る。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/55-0ea2f891

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。