Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
もう20日か……。早えなあ。
生活ダイヤ乱れてるし、なんだか日が過ぎるのがあっという間だ。

身体共に低調気味でしたが、ようやく回復しつつあります。
月末締めで原稿の締め切りがあるので、ちょっとピッチ上げます。

最近は、周りにいる頑張ってる友達に感化されやすくなってます。
彼らと共にあるには、やっぱり自分も誇れる仕事をしなければならない。
二年くらい前、どん底にいた頃のメールログを色々あさってみた。
当時よくパソコンメールをしていた親しい人たちは、
もう半分くらい連絡が取れなくなっている。
探せばどうの、とかではなく、消息不明なのだ。
生きてるかどうかすら、正味な話、分からない。
一期一会というか……あの時しか触れ合えなかった人たちだな、と思う。

あの時を経て、起こったことは思い出すことは出来るけれど、
そのとき自分が何を感じていたかまでは、分からない。
感じ方、考え方が、今とは別人なのだ。
それが、心を病むと言うこと。
わずかに残ったメモや、記録などで、推測するしかない。
ましてや、どういうわけか、脳が当時の記憶を消そうとしているみたいで
もやがかかったように、どんどん辛かったときのことを
思い出せなくなりつつある。

メールを読んでいると、緊張が胃に走り、方々に謝りたくなる。
無理をして、あちこちに心配を掛けたり、こなせない仕事を受けた。
けれど後悔はしていない。
あれが、その時の精一杯だったのだと思っている。

でも、彼らに直接、恩を返す方法が見つからなくて。

少し、胸が痛くなった。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/6-9d796b66

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。