Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日々は流れる。

昼夜逆転生活だから精神に異常を来すのではなく
精神状態が崩れたから夜型の生活になるのだった。
それはもう、理屈じゃないんだけど
人や喧噪を避けたくなるし、ひとりで何かに没頭するには
私の場合夜の方が向いてるからだ。

それはつまるところ、逃避なんだと思うけど。

立ち直るのが遅くなってる。
自分が先か行動が先か。
誠実であることは難しくなかったはずだ。
だけど、誠実であろうとして、自分の嘘くさい部分に布を被せた。
それが全体として違和感を醸し出し、
結局偽っていない心根までを疑われる。
いっそ全て嘘にしてしまえば良いんだろうか。

何にせよ、存在の否定には相変わらず慣れない。
この世で最も忌むべきものは悪意であると相変わらず思ってるけど
単純な、無関心な切り捨ては、自分自身にナイフを回す。
傷つけるのが相手か、自らの手でか、その違いでしかない。

認められないと生きていけないのはもう仕方ない。性分だ。
だけどこのままだと確かにどこかで潰える気もする。
エンディングが両極端になるであろう生き様。


自分がここまで社会不適合者になるとは思っても見なかったな。
むしろシステム的なことをこなすのは得意だと思ってたんだが。
できるできないはさておき、私は随分と使いにくい人間に成ったようだ。
No,1よりOnly,1。
だけど私にはどうしたって前者の方が魅力的に映ってしまうんだよな。
No,1も立派なOnlyじゃないか? それだけで。

王道を歩みたかったんだろうな。
後悔はしてない。というか、後悔すること自体
しようと思わないとできない考え方になった。
だけどこれからの自分に何が出来るのかと考えたときに
何も思いつかないのが、悔しいけど正直なところだったりする。

もう「繋ぎ」で済ませられる年じゃないよね。
自分がどう歩んできたか、岐路でどういう選択をしたか、って
思い返せばあっさり決まりそうなものだけど
過去の自分に今の自分を決めさせたくはないしな。


そういえば高校時代、「自分探し」なんて言葉を散々聞かされたね。
世間で流行ってた気もする。
今も昔もこの言葉は苦手だ。

私はここにいるはずなのに。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/63-cb671ea9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。