Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
忘れることが怖かった。
何があっても前進なんだと思っていたし
それはきっと今でも変わらない。
だけど、
思い出したくないのにふとした瞬間考えてしまう自分に気づくのは
少し、辛い。
人は変わる。
だから私もたぶん、変わらないといけないんだと思う。
懐古に浸るわけにはいかない。今が一番良くてはならない。
何が大事かは、自分で見極めなければならない。
その為には、相手を傷つけることも厭ってはならない。
私を考えてくれない人に、心の居場所を用意することはない。
汚い言葉も大声も要らない。たった一言で殺せるんだ。
大事なのは、自分の中から、消してしまうということだけ。

世の中には一対一の関係しかないのだと思う。
そして時間は一瞬の積み重ね。映画のフィルムみたいにコマ送り。
あの時、あの場所にいた私が感じたことは
きっと風化されず永遠に残るのだろう。
私も、貴方も、全ての刹那に記録されていく。
脳が全てを忘れても、事実は永劫変わることはない。


「みんな」なんて人はいない。
「いつも」なんて、ありえない。


よく眠れないのは、誰のせいでもないんだろうな。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/66-7d070d07

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。