Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近は趣味の一環でゲームを作っています。

楽しいです。

何も考えず、スクリプト打ちながら即興でシナリオ書いています。
馬鹿みたいな展開や突拍子もないギャグが成立します。

楽しいです。

前提として、誰にも見せるつもりがないからできることなのかも。
ここのところ、小説などのストーリーテリングで
ある程度自分で納得いくものが作れるようになって
やっと、プライベートな人間にも「見せて」と言われて
見せられる体勢が整いつつあります。

あと2,3作書けば誰にでも、一応は開き直って
見せられるようになるんじゃないかな。
そんな手応えを感じているところ。

言い換えると、今まで私は
自分の納得いくものが創れていなかったってことなんだけれど、
それは間違いのない事実。
どこかしらに「二度と読み返したくない」という問題点があったりで
突き抜けた部分や筋が通っていないと考えてしまう部分があるものは
プライベートな私のみを知る人間には見せられていなかった。
自信がなかったんですよね。

最近は、その壁を乗り越えることができたので
書くこと自体が楽しくなってきました。

今まで楽しくなかったのかよっ、という声が聞こえてきそうですが
はい。楽しくありませんでした。
ぶっちゃけ義務感でした。
下手な自分が許せないってそれだけの理由で書いていました。

だからふざけて、友達同士を掛け合わせたやおい小説やら
二次創作やらはわりと楽しかったんですよね。
下手でもよかったから。
ネタさえおもしろければある程度自分で許容できた。

これからはやっと、私が好きになれる物語が少しは創れそうで
前向きになれています。
技術が備わってからじゃないと、何事もおもしろくならないと
肌で感じているところです。


そんなわけで、現在作曲とイラストもやってみているところ。
絵で言うデッサンや、作曲で言う変調など
そういう技術云々以前に、そもそもツールが使えないので
まだまだうまくいきません。
とりあえず、何がしたいのか、さえ把握できていれば
あとは独学と練習でなんとでもなることは、前の仕事や
物書きでわかったので、先行きは明るいです。

ジェネラリストを標榜する以上、
何でもできて当たり前くらいのつもりでいます。
ましてや、私にとって芸術は情緒の表現手段なのですから。


前述のゲーム作成は、まさに自分のためにやっている感じ。
ツールとしての可能性が予想以上に大きくて、マジ楽しいです。
脳汁出まくり。
書きたいものが書けるって言うのはやっぱり楽しいです。
責任を伴わないならば、なおさらのこと。
作ったものの中から、もしよさそうなのがあれば
表に出せればいいな、程度の意気込み。
創ること自体が楽しければ、目的なんかなくてもいい。


目標は枷ではなく、推進力です。
嫌になるくらいなら止めてしまえばいい。
わかってはいても、やり続けてある程度納得いくようになった現在
楽しくなってきてしまったので、これはこれでありなのかな、と
他人事のように思っています。

やっぱり、自信があるとなしとでは大違いだな、と思う今日この頃。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/75-80ef5a82

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。