Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
常にも増して自分宛の日記です。
 
 
地獄は二重底だということを時々忘れてしまっている。
最悪だと思える状況は、想像力が働いていない状態にすぎない。
我を失っているだけ。
 
昨年度、無理を押し通したことが今になって活きていることに気づいた。
なるほど。まだ、追いつめられてはいないようです。
焦っていただけ。
しばらくは、着実に将来への布石を打てそう。
目に見える結果や評価は、得られる状況じゃない。
焦らず、しっかりと目標を達成していくことが大事。


アップルの創業者、スティーブ・ジョブズが
人生には無駄がなく、すべてが将来につながる線になるんだ、
みたいなことをスピーチで話していたと記憶しているのですが
私はずっとその意味を考えていたんですね。
いいこと言ってるな、とは思っていたのですけれど
実感のレベルまで降りてきていなかった。

最近、理解できた気がします。
わからないことはすべて、わかる分野に置き換えてみればいいのです。
要するに、人生は物語で、私は主人公で、出来事は伏線なんですね。

通学中の曲がり角で女の子とぶつかったら、それは転校生だし
吹雪の山荘で「殺人鬼かも知れない奴と一緒にいられるか」と言えば
その人は犠牲者になるのです。
それと同じで、苦境もすべて今後の回復・発展への伏線だと
思えればいい、ということなのですね。

お金がなければ将来富むし、恋人がいなければ将来できる。
いま「ない」ことは未来に「ある」ための状態。
全部、将来のための変化の呼びしろ。

改めて文章にしてみると、本当にありきたりすぎて困ります。
でも、人生でもっとも大事なことに、
希望を持ち続けるということがあると思います。
努力は必ず報われると信じられるかどうか、という意味でもいい。
前向きとか、努力とか目標とか、単体だと曖昧すぎるけれど
結局のところ「可能」とさえ思えれば、なんとかなる。
すべての夢は叶えられるか、目指す途中にできるから。

そういう意味で、未来を信じられると言うことは
それだけで確実に意味を持つ。

たぶん私が思い悩んでいることや、
成果が出ないで苦しんでいることも
将来、過去を振り返ったときに、
あのとき苦しんでいたから今があるんだと思えるのでしょう。
生きていさえいれば、幾らでもスタートは切れる。

言葉を重ねるごとに、見覚えのある文章が羅列しますね。
私の表現力の問題なのか、みんながわかっていることだったのか。
どちらにせよ、私自身は一歩進めたので良しとします。


余談ですが文学フリマ、応募済みです。
さっき、実は別件のスケジュールとかぶってるかと思って
大いに焦りましたが、今年は11月の11日開催でした。
文化の日だったら危なかった。
当選するといいなあ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/86-042ea5d4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。