Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
雨の茶房。

郵便局で市民税と県民税を納める。
外に出たら豪雨。
秋雨ってしとしと降るイメージがあるんですが
これってば台風効果かしら?

何にせよ自転車で来てる身には
帰るために多少の覚悟が要りそうなので
気持ちがホクホクとできあがるまではお茶を一服と
開店直後の茶房に入る。
 

店の若旦那に「すごい雨ですねえ」と言われて笑みで返す。
愛想笑いされるのは嫌いだけど、若旦那は自然だ。
私はあんまりしゃべらないので、気を遣わせてないかと心配だけど
それを言ったらそもそもひとりで来る若い男性客自体、
自分以外に見たことがないから考えても仕方ないのかな。

昔っから按摩とか蕎麦屋とか、ひとりで行っては浮いてたけど
思い返すとどれも歓迎されてなかったんじゃないかとか
ネガティブになってしまうことが多い。
真偽はわからないから、単純に店側にとって
慣れない客だっただけなんだったと思おうとしている。
過ぎ去ったことにマイナスの評価を加えることは意味がないから。

世界中の誰もが自分を嫌いなんだと思ってしまうとき
自分がくさってるのか本当に嫌われてるのかがまずわからなくなる。
そんなときの解決策を最近みつけた。
飼ってるインコが首振りながら近寄ってくるとき
「おまえ俺に愛想つかってんだろ」とか思うようになってたらアウト。
動物はそういうのしないと思うの。さすがに。

父親のことを思い返しては、私の性格は遺伝だと痛感する。
彼の年に近づけば近づくほど、理不尽な言動の意味がわかってくる。
思い出に客観的な視点が加わる。
あの人も抗っていたのかなあとか、思いを馳せることになる。
少しだけ眠い。

そういえば、文学フリマ受かってました。出展料も振り込み済みです。
4月頃からいくつか書きためていたから、新刊落ちることはないと思う。
何が載るかはまだ決めてないけど。

今日はもうしばらくの間は、お茶屋さん貸し切りだな。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/96-1364ae7b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。