Blind Wind Blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
窓明かり

夜中、目を覚ますと枕元に神様が立っていて
「君はいままで、無駄に言葉を使いすぎた。
 これから残りの一生、何か一語しか喋っちゃダメです」と言った。
「次に放った言葉以外、一生使えなくなるから、
 今日一日はおとなしくしてゆっくり考えなさい」

次に目を覚ますと、窓から朝日が差し込んでいた。
夢だろうけれど、もし本当だったら大変だなあと思って
とりあえず独り言は控えて、大きくため息をつくにとどめた。
幸いなことに僕は無職なので、一日中誰とも喋らなくても問題はない。

賞味期限間近のヨーグルトと水で朝食をとりながら考える。
僕の今の独り言は「どうしようかな」と「へこむなあ」で
大学時代は「どうしようもない」と「くたばりやがれ」だった。
そう考えると少しは成長しているようにも思うけれど
神様的には無駄遣いに違いないらしい。
幸いなことに僕は無職なので時間だけは腐るほどある。
のんびりと考えるのはいいけれど、
だんだんと今の生活だと喋ること自体不要なんじゃないかと
思えてきて、外に出ることにした。

喫茶店でご注文は何になさいますかと問われ、詰まる。
これから一生、使える言葉が「ブレンド」だけでは困る。
少し戸惑った後、メニューを指さして事なきを得た。
挙動不審な人だよなあと自己嫌悪したけれど
店員さんは全く意にも介さぬように注文を繰り返して去っていった。
考えてみれば普段から不愛想なんだから問題はないや。
そう思うと、今の僕は言葉を無駄遣いというより、
普通に使えてすらいないような気がするんだけど。

それから本屋とスーパーに寄って、買い物をして帰った。
どちらの店でも、しゃべらないで済んだ。
というか、いつだって喋ったことがない。してもお辞儀だ。
考えてみればここしばらく、気をつけなくても喋ってない。
だんだんと、理不尽だと思うようになってくる。
僕より言葉を無駄遣いしてる人なんていくらでもいるだろう。
あれはやっぱり夢だったんだろうなあ。

それでも、もしもを考えてしまうのが僕のいいところでもあり
悪いところでもある。先手を打つ意味でも何事かをつぶやいてしまおう。
少し考えた末、ひとりきりの部屋で僕はつぶやく。

「ありがとう」

当然、その言葉で何かが起こるわけもなく、
余計にそれまでの沈黙を際だたせるだけだった。
いまさらのように、取り消すように「くだらない」と重ねた。
普通に言えたし、何も変わらなかった。
やっぱり夢だったんだなあ。

その夜、枕元にまた神様が現れた。
「ごめん。やっぱ一言だけだと困るだろうと思って二言までOKにしといた。
 増える分には問題ないっしょ?」

翌朝、僕は窓から差し込む光を浴びて「くだらない」とつぶやいた。
だけど続く「くたばりやがれ」は言えなかった。
幸いなことに僕は無職なので、言えなくてもいいんだけど。

あれから僕は変わらない生活を未だに過ごしている。
他の言葉を言えるかどうか、そろそろ試してみたいと思っている。

というわけで誰か遊んでください。金はないけど。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bkyt.blog55.fc2.com/tb.php/97-6830d540

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。